踵(かかと)接地が大事

2019年9月1日

 

 質 問 

あなたは 歩く時 踵から着いてますか?

 

踵接地が ナゼ大切なのか?

 

普段、踵から接地しているかどうか?はあまり意識されないかもしれません。

しかし、歩行のメカニズムからするととても大切なことなのです。

チョット歩いていただければわかります。

あなたは、歩くとき、最初に着くのは、

ですか? 足先ですか? それとも足裏全体ですか?

 

その答えは、タイトル通り、踵接地です!

なぜなら、足裏のアーチをクッションとして使えるからです。

 

      ●歩行のメカニズムは以下の通り。

踵から着いてから、体重が足全体に体重が乗るときに、

足裏(土踏まず)のアーチがぐ~んと伸びるのです。

 

その時、足裏は、クッションの役割を果たし、

足や体への負担を吸収します。

 

これはとても大切な機能です。

もしなければ確実に体の負担は増大し悪化しやすい!

 

その後、体重が反対側の足に移動すると、アーチがまた元に戻ります。

というのを繰り返して、歩行が成り立っています。

 

memo

足裏は自動車や自転車で言えばタイヤです。タイヤの空気が抜けていたら?衝撃吸収が出来ずに乗っている人もしんどいし、車や自転車自体も早く傷みます。それと同様、人の体も、最初に接地するタイヤの働きをする足には吸収機能を発揮できる踵接地で歩くことが大切です。

 

 

では、もし、つま先や足裏全体での接地では、どうなのでしょう?

それは、足裏のアーチのクッションが十分活かすことができません。

だから、通常の歩行は、踵接地がいいのです。

もちろん、ハイヒールを履いている時などは、違います。

 

 

さらに、足裏のアーチが少ない、いわゆる偏平足やアーチが強過ぎる甲高の場合は

クッション性が少ないため、衝撃吸収機能が低下しますので、足の構造改革

をしておくことをおススメします。

 

 

では、どうすれば、踵接地の歩き方を手に入れることが出来るのでしょうか?

 

ポイント

それは、一つには、良い姿勢が大切です。

 

あなたも試しにやってみてください。

体が前かがみにして、歩いてみて下さい。

すると、自然と踵接地が難しくなるのです。

その後、体をシャキッとして歩行すると、

今度は、踵接地がやりやすくなったでしょう!

 

後は、踵から足を着けないクセが着いてしまっている人がおられます。

これらは、姿勢の仕組みやイメージを取り入れたメンタル面等から

自然に矯正してゆくことを

お勧めします。

 

 

Posted by kcs-takano