姿勢と膝の同時ケアがどうして必要性なのか?

2019年4月19日

『膝痛なので、膝だけよくしたらいいのでは?』とあなたは思うでしょう。

でも、それは違います。

左の患者様の写真は、右膝の痛みの為、左に重心移動し、左に体が傾いています。

すなわち、膝痛があると、痛みをかばって、体の左右の重心バランスが自然に変わるのです。

これは、悪くなったところを一時的に負担を軽減し、体を回復させようとする人間の自然のいとなみです。短期で回復出来ることを想定された体の仕組みと考えられます。

ところが、中高年の変形性の場合は、すぐに回復することは少ないのです。

この姿勢は痛みがある間続きます。また、長期に渡ると痛みが消えてからもその姿勢のクセが残ることが多く、今まで大丈夫だった方に痛みなどの負担が出てくることが多いのです。

この姿勢の何が問題でしょうか?

それは、立ってるだけでも体の側方ばかりに負担がかかり続けることです。

しかし、それだけではなく、左右のバランスが悪いため、歩いたり、体を動かしたり

した時などは、体の横ブレ(側方動揺性:そくほうどうようせい)が大きいのです。

 

たとえば、歩行時のラテラルスラストなど。

この歩行は、体重が掛かった時、一瞬、膝の外側に膝がずれる様に動くのです。

 

この動きは、膝にとって好ましくない動きなので、膝関節を傷めやすいのです。

長期になってくると、悪くなかった方の膝も痛くなり、元々悪かった膝が回復しにくくなることにつながります。

 

ラテラルスラストは、そのほんの一例です。こういった横への動きによる影響が様々な体の箇所に出てきます。

さらに問題は、膝だけでなく、足首や腰、首、肩など、他の部分にも影響が及ぶ可能性が高いことです。

 

こういった立ち方や歩行の仕方を変えるには???

 

そうです。姿勢バランスを本来の所に戻すことでが大切なのです。

 

だから、膝と姿勢の両面からのアプローチが必要なのです。

 

Posted by kcs-takano